加工ニーズの多様性

トップ  > 加工ニーズの多様性

メキシカンポークは日本市場のニーズにあわせた、きめ細かな加工対応が大きな魅力

メキシコから日本へ輸入される農産物のうち、輸出額で第一位の豚肉。その理由のひとつが、日本市場のニーズに応える生産者の対応力。安い労賃を武器に、冷蔵のカット肉を主体にした様々な商品形態への対応を行うことで日本市場での競争力を高めています。


串刺しや糸巻き加工など、日本向けのカスタマイズにも対応!

日本の求める規格や品質を熟知し、さまざまなアイテムやグレードを用意。脂肪やスジを出来るだけ取り除き、小さなサイズで供給するなど、日本到着後における加工を最小限におさえる処理加工を行っています。また高い技術を持った職人の手仕事により、薄切り・成形.串刺しといった、日本向けのカスタマイズにも対応しています。