メキシカンポークの基礎知識
メキシカンポークはなぜおいしい?

トップ  > メキシカンポークの基礎知識/なぜおいしい?

やわらかい、おいしい、色がいい。豊かな大地で育った健康的な豚肉。

日本人が好む肉質のやわらかさ。トンカツをはじめとする日本のメニューによくマッチする味わい。日本人の味覚・食感を満足させる優れた特徴をもつ豚肉です。その味の秘密は、メキシコの肥沃な大地と恵まれた環境にあります。メキシカンポークが育つ大地は、小麦の大生産地。健康的に育てられたメキシカンポークは、肉質が良く、脂肪は白く、赤身はピンク色がかった独自の色合いも特徴です。


産地

日本に輸入されるのは、限られた産地の、認められた施設のものだけ。

産地日本へ輸出されるメキシカンポークは、家畜伝染病予防法により豚コレラの清浄地域と認定され、さらに日本・メキシコ両政府の許可を受けた5州のうち、ソノラ、ユカタン、シナロアの3州からのものです。また豚肉を飼育・生産する施設においても、メキシコ連邦政府が設けた厳しい基準(TIF)をクリアしなければ、日本への輸出が出来ない仕組みになっており、その厳しさは国際基準と同等、あるいはそれ以上と言われています。

> 連邦政府が認めた施設「TIF」とは?


産地:ソノラ州、ユカタン州、シナロア州の地理的メリット

地理的メリットメキシコ北西部に位置するソノラ州は、乾燥した気候が特徴ですが、砂漠地帯という一般的なイメージとは異なります。シェラマドレ山脈からの雪解け水による自然な地下水脈のおかげで、養豚には欠かせない水源を豊富に確保することができ、飼料となる小麦などの穀物生産も盛んです。乾燥地帯という自然環境は病原菌の発生が起こりにくいことから、豚の病気が発生しにくく、加えて四方を山脈や海に囲まれているため、外からの病原菌の侵入を防ぐことができます。また、外国や他州からの家畜、食肉、食肉加工品の入荷も厳重に監視され、汚染地域からの家畜伝染病の侵入を防止しています。
メキシコ東南部のユカタン州も同様に海に囲まれた立地で、病原体が侵入しにくいという、養豚にとって恵まれた環境下にあります。シナロア州も口蹄疫や豚コレラなどの疾病のない清浄地域で、生きた家畜についてもソノラ州、ユカタン州、米国、カナダからしか入れることができません。
3州ともに主要な養豚場は都市部から隔離された郊外に位置しており、人や車などの出入りも厳しく制限され、防疫体制も徹底されているなど、豚の飼育、生産に相応しい理想的な環境が作られています。

飼料

良質な穀類を飼料にすることで独特な味わいを実現

メキシカンポークの主な飼料は、消化吸収のよい麦や、トウモロコシをはじめとする穀類。良質なプロテインを豊富に含むため、独特の味わいをもたらします。さらに専門家の指導のもと、より美味しくて歯ざわりのよい肉と質の高い脂肪を生産するため、日々、最適な飼料バランスを追求しています。


飼料へのこだわり

メキシカンポークの飼料は、良質な肉質をつくるために小麦やトウモロコシといった穀類を主原料に、タンパク質やミネラルを生育状況にあわせて配合しています。安全性やコスト効率を高めるために良質の飼料を生産する工場を保有するMPEA会員企業も多く、さらにメキシコ特有のアルカリ性の水質を活かし、天然ろ過された地下水を豚に与えることで、骨の強化や、ストレスの軽減を図っています。

良質の飼料工場を保有するMPEA会員企業

肉質

高品質で安全性の高い豚の飼育

高品質で安全性の高い豚の飼育メキシカンポークは、ランドレース、大ヨークシャー、デュロックなど、欧米から優れた品種の遺伝子を導入した「三元交配」が主流。また、繁殖も安全管理の徹底された自社内で行うケースが多く、安全かつ肉質にバラツキの無い、均一化された豚の生産が図られています。


健康・衛生管理の徹底

健康・衛生管理の徹底メキシカンポークの農場はすべて厳しい管理基準をクリアしており、飼料・投棄物・運搬・環境条件・温度設定・農場や豚舎への入退場の管理といった細かな項目を設けて衛生管理を徹底しています。また各農場には獣医や検査官が常駐し、常に豚の健康状態を把握・管理。伝染病など万一の事態に備えて各豚舎の距離を離すなどの工夫もなされています。


若い豚を加工することで柔らかくジューシーな肉質に

メキシカンポークは生後27〜29週の豚を加工することで、肉の柔らかさを追求。ステーキやトンカツなど豚肉の旨味をよく味わえるメニューを始め、その他の豚肉料理にも最適な肉質をお届けします。